【公式】杏林堂クリニック|小田原市|一般内科・胃カメラ・訪問診療

内科を中心に各専門科があり、CTスキャン、胃カメラ、大腸カメラ、骨密度測定(腰椎・大腿)、超音波など様々な検査が院内で行えます。

一般内科

総合診療

倉上先生(1)  

総合診療は、全身を診療いたします。
『症状からどこを受診すればいいかわからない。』まずは、ご相談してください。お腹が痛い、風邪症状、めまいなど地域のかかりつけ医として、ありとあらゆる症状に対応します。

年齢を重ねると、複数の疾患をもつことが多く、それらの疾患が関連し、状態を悪化させることがあります。肺が悪ければ心臓が、心臓が悪ければ腎臓が悪くなることが多く、すべての病気が密接に関連しています。またそのために複数の診療科を受診し、薬が多くなることもあります。内科領域に留まらず、整形領域(関節の痛みや腰痛など)も含め、診療いたします。自分の症状がどの診療科に行って診察を受ければいいのかわからない場合や多数の診療科にいき、薬が多すぎるため減らしたいなど、気楽にご相談をしていただければと思います。専門的な治療が必要な場合は、各科と連携して治療しますのでご安心ください。

発熱、風邪症状

発熱、風邪症状

発熱、風邪症状のある方は、当日予約がある場合でも、来院前にご連絡お願いします。当院でも発熱者の対応をしております。新型コロナウイルス、インフルエンザの抗原検査が行えます。

呼吸器疾患

呼吸器疾患

喘息、肺炎などの治療を行っています。息切れ、続く咳症状など、ご相談してください。喫煙に伴う慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、肺がん検診の二次検診など、CT検査が必要となる精密検査も行っております。

骨粗鬆症

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨密度や骨質が低下することにより、骨折しやすくなってしまう病気です。2015年の骨粗鬆症ガイドラインによると、国内の患者は約1280万人と言われ、女性患者は980万人いると推計されています。当院では、ガイドラインに沿ったDEXA法による腰椎と大腿骨の同時測定を行うとともに、骨質の測定(TBS iNsight)を検査することが出来ます。腰痛など症状のある方は、整形外科とも協力して治療していきます。

甲状腺疾患

甲状腺疾患

甲状腺は全身の代謝を調節するホルモンを分泌しています。ホルモンが過剰となる甲状腺機能亢進症(バセドウ病)では動悸、体重減少、手の震えなどの症状が出てきます。ホルモンが不足する慢性甲状腺炎(橋本病)では、徐脈(脈が遅い)、体重増加、寒がり、便秘、コレステロール増加などの症状が出てきます。当院では、エコーを含めた検査を行っております。

予防接種・健康診断

予防接種・健康診断

新型コロナワクチン、インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン、帯状疱疹ワクチンなど各種予防接種を行っています。また、市町村の特定健診や入社時健診・企業健診も行っておりますので、ご相談ください。

〒256-0816
神奈川県小田原市酒匂3-9-12
電話番号 0465-47-3101
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日、祝日、夏季休業、年末年始

杏林堂クリニック・訪問診療・訪問看護
0465-47-3101
訪問リハビリ
0465-47-3601
あんず通所リハビリセンター
0465-47-0647

モバイルサイト

杏林堂クリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら