【公式】杏林堂クリニック|小田原市|一般内科・胃カメラ・訪問診療

内科を中心に各専門科があり、CTスキャン、胃カメラ、大腸カメラ、骨密度測定(腰椎・大腿)、超音波など様々な検査が院内で行えます。

整形外科

膝、肩、腰痛

膝、肩、腰痛

ご年齢を重ねると、どうしても膝や肩、腰の痛みに悩まされます。当科ではレントゲンやCTスキャン、エコーで痛みの原因を診断するとともに、痛み止めの処方、関節内注射やトリガーポイント注射、リハビリで除痛や予防をしていきます。変形や症状の具合に応じて、手術療法をお勧めすることがあります。筋膜リリースや凍結肩(フローズンショルダー)に対する肩関節マニュピレーション、神経根ブロック等も行っておりますので診察時にご相談ください。腰背部痛の原因は、尿管結石や循環器疾患の場合があります。その際は他科と連携して治療していきます。

肘、手首の痛み

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)

手首や腕の使い過ぎで、肘の外側(親指側)又は内側(小指側)に痛みを生じる疾患です。ほとんどの場合、ステロイド剤の注射や飲み薬・湿布薬の処方、患部の安静により改善します。

腱鞘炎、ばね指

手の使い過ぎにより痛みが生じる疾患です。筋肉と骨をつなぐ役割を持つ「腱」は「腱鞘」というパイプを通っています。この腱鞘が腫れて炎症を起こすことで痛みを生じたり、動きが悪くなりばね指を生じます。こちらもステロイド剤の注射や飲み薬・湿布薬の処方、患部の安静により改善しますが、改善が見られない場合は手術療法をお勧めすることがあります。

足底の痛み

足底腱膜炎

ジョギングや立ち仕事で「土踏まず」に負担がかかり、足底腱膜が炎症を起こすことで発症します。こちらもステロイド剤の注射や飲み薬・湿布薬の処方、患部の安静により改善を図ります。

上肢、下肢の痺れ

痺れの原因は糖尿病や脳疾患など様々ですが、当科では頚部の変形や狭窄を原因とする上肢の痺れ、腰部の変形や狭窄を原因とする下肢の痺れ、手根管症候群が原因の指の痺れなど、整形外科的な痺れを診療しています。
診察時に必要と判断した場合は、他院でMRIの撮影を依頼する場合があります。

補装具外来

補装具と聞くと、義手や義足を想像されるかと思いますが、腰椎椎間板ヘルニアの方のコルセットや、脳梗塞などにより麻痺を生じた四肢のサポートをする装具、扁平足や外反母趾に対する装具などもあります。

〒256-0816
神奈川県小田原市酒匂3-9-12
電話番号 0465-47-3101
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日、祝日、夏季休業、年末年始

杏林堂クリニック・訪問診療・訪問看護
0465-47-3101
訪問リハビリ
0465-47-3601
あんず通所リハビリセンター
0465-47-0647

モバイルサイト

杏林堂クリニックスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら